HOME > 相続サポート

相続サポート

相続とは

写真 相続とは、人の死亡による財産上の権利義務の包括的承継をいいます。
ですから、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(負債)も相続することになります。
遺言書があるときと、ないときでは相続手続きの仕方も違いますので注意が必要です。

相続手続きについて 承認と放棄

写真 相続人が自己のために相続の開始があったことを知ったときから(被相続人の死亡の事実を知り、それによって自分が相続人になったこと) 3ヵ月以内にしなければなりません。
□単純承認とは、相続人が、被相続人の権利義務を全面的に承継することとして相続を承認することです。3ヶ月間、承認も放棄もしないで、時間が経過したときは、 この単純承認となります。
□限定承認とは、相続人が、相続によって得た財産の範囲内で債務等を弁済することとして相続を承認することです。
□相続放棄とは、相続人が、資産等のプラスの財産及び債務等のマイナスの財産の全部を相続しないように相続の手続きをすることです。これは、被相続人の 最終の住所地を管轄する家庭裁判所へ、相続放棄の手続きを行います。

相続でトラブルになってしまったら

写真 たいへん残念なことですが、親の死後に相続をめぐって骨肉の争いになってしまうこともあります。
うちに限って大丈夫とは言えません。相続とは、財産的な側面が含まれているためにデリケートな問題です。 ちょっとした不用意な言動がもとで、親族間でいさかいが発生するようなこともあります。
万が一、相続の問題でトラブルになってしまったら、専門家を入れて解決することをお勧めいたします。
詳しくは、どうぞご相談ください。

▲ページトップに戻る